ハロゲン恐し

d0107002_18473078.jpg風呂釜を洗っていてスリッパを濡らしてしまった。
ハロゲンの前にぶら下げとけば乾くでしょと、保護金網にピンチで留めておいた。

数分すると
生乾きの洗濯物にアイロンをかけているような匂いがしてきた。
ジュンチョーに乾いているねと思いきや、画像の通り真っ黒焦げに。
すごいんだね、ハロゲンて。

このテのミステイクが割りと多いわたし。我ながらあぶなっかしいと思う。
普段は異常に慎重な癖して、こういうアホらしい失敗はよくする。

異常に慎重といえば
以前1人暮らしのときピッキング被害がマンション内で起きた。
年末の帰省時、どーにも心配で仕方がない。別に高級品など置いていないんだけど、不法侵入されるだけでもゾッとすると思った。
留守中の空き家を守るためには...と一生懸命考えた末にとった策は
扉内側にテグスと鈴でトラップをつくり、尚且つ、玄関の上がり口を姿見鏡で塞ぎ、鏡の下部分にメッセージを貼るというものだった。

そのメッセージとは
『これが今のあなたの顔 Look! Your Face!』。

日本語と英語がわからなくても、鏡に映ったおのれの姿にハッとして改心してくれるのではないか、と思った。
本気で考えてそう思って実際にその通りにして帰省した。

家族に話したら絶句の後に一言「大変だったね」とねぎらってくれた。

正月明けに戻った時の後始末の面倒なことといったらなかった。
大量の鈴を捨てた時もゴミ袋が騒がしくて困った。
そんなことを思い出しながら焦げたスリッパを始末した。
[PR]

# by shi-shin-b | 2007-02-23 18:47